• トップページトップページ
  • お問い合わせお問い合わせ

私が上海で見てきた実例の一部です。
どなたにも漢方は多くの可能性を秘めています!

【子供編】双子の男児 3歳

相談

3歳になるまで二人そろって全体的に成長が遅く、特に言葉の遅れが顕著であった。二人共に「パピプペポ」の音のみ発して、言葉を成していない。病院の精密検査では問題なし。2人とも食が細く、かなりの偏食、お腹が弱い。

弁証

小柄な母親から男児が二人同時に生まれたことを考えると、「先天の気」が十分でない。

先天の気が不足=五臓の「腎」が不足=髄の不足=脳が満たされない=言葉の遅れ。

先天の気は「水穀の精微(消化吸収で得る気)」で補うことが可能だが、偏食・食が細いから、五臓の「脾」が弱く、補えるほどの消化吸収ができていない。

紹介した漢方

北京同仁堂「参苓白朮丸」、成人の1╱4ほどの量。

結果

1ヶ月で変化が顕著に表れた。母親が感じ取れるほど偏食が改善された。また、幼稚園の先生から、先生や友達と言葉でコミュニケーションが取れるようなったと報告があった。

【胃腸編】主婦 39歳

相談

『傷寒論』

1年前上海に来た直後から、激しい胃痛に悩まされている。病院で漢方薬を処方され、現在も服用している(高額で経済的負担あり)。服用している時は安定しているものの、服用を止めると胃痛や下痢が発症する。子供のころから胃腸が弱く、食が細い。ちょくちょく風邪など病気になりやすい。

その他の特徴

顔色が青白い、痩せている、声が小さい(あまり元気に聞こえない)

弁証

「標(影響を受けて表面化した症状)本(原因の本質)」の考え方で、「標」が六腑の胃痛、元々胃腸が弱いことを考えると、「本」は五臓の「脾」にある。処方されている漢方を見ると、胃の消化を助ける生薬が多い。中医には「病を治すには、必ずその本を求める」とあり、本来胃痛が落ち着いた段階で脾を助けるべきである。脾のはたらきが弱いため、気・血が十分に作れず痩せや青白い顔色になり、気が体を守れないため風邪をよくひく。

紹介した漢方

北京同仁堂「参苓白朮丸」「二陳丸」「加味保和丸」など

結果

服用して2週間ほどで顔色が良くなり、声にも張りが出る。更に2週間少量の服用を続けると、食事で人並みの量を摂取できるようになる。その冬は風邪をひくこともなく、本人も驚くほど病気にならなかった。その後1年以上、時に消化不良や胃痛が起こるも、加味保和丸で消化を助けると直ぐに改善する。

【感情編】女子高校生 18歳

相談

15歳から上半身、特に顔の火照りがひどく、学業や私生活に影響が出るほど。2年間で何人もの名医(母親曰く)の治療を受けるも全く改善されない。相談を受けたときは、左側の激しい頭痛、便秘(週1回)、閉経に近い生理不順、汗が出ないなど多くの症状あり。

その他の特徴

常に母親が付き添い、本人ではなく母親が全て話をする。

弁証

優秀な一人娘と母親の共依存的な関係から、複雑な「七情」によって症状が発症している

七情の偏りによって、気が滞る。腠理開閉が不調となり、「無汗」となる。気の滞りは婦人科に影響を及ぼしやすく、「瘀血」などを引き起こして「生理が無くなる」。滞った気が肝火となり、心の司る「神」が不安定となり「不眠」が発症。火が胃腸に影響を及ぼすと「便秘」、胆経に炎上すると「偏頭痛」、津液を傷つけ「顔の火照り」を引き起こす。

紹介した漢方

北京同仁堂「加味逍遥丸」「芩連片」「帰芍地黄丸」「養心安神丸」「人参帰脾丸」などと生薬「番瀉葉」

その他

時間をかけて母親の話を聞き、また徐々に本人と話をするよう心がける。

結果

最初の3週間は徐々に改善が見られるものの、一進一退。しかし、少しずつ母親を通さず本人と話ができるようになる。本人の意識も変わり始め、自分からジムで運動をするようになり、背中から腰の部位にかけて発汗できるようになる。
その後1ヶ月で明らかに好転。表情が豊かになり、生理は回復、便秘も徐々に改善、運動量も発汗も増える。母親の付き添いがなくなる。
最初の相談から2ヶ月、いくぶん火照りが残るものの、その他の症状は消失。発汗量もかなり増える。最後に本人が「もう漢方を飲まなくても大丈夫です。試験を受けるので日本に帰ります」と元気に笑顔で帰国。

【皮膚編】サラリーマン男性 46歳

相談

体は健康だが、膝下の皮膚が常に乾燥していて、粉を噴いているよう。

弁証

皮膚は五臓の「肺」が司り、肺の潤いが足りないため皮膚が乾燥する。

紹介した漢方

北京同仁堂「麦味地黄丸」「生脈飲」、サプリメント的に日々少量で服用。

結果

冬の乾燥時期にもかかわらず1ヶ月で粉を噴かなくなった。体調も以前より楽に感じられるので、その後もサプリメントとして継続。

【全身編】主婦 37歳

相談

『傷寒論』

1年中手足の冷えがひどい。冬は足がひどい霜焼けになり、皮が剥がれて出血をする。ビタミン剤や健康食品を服用するものの、全く効果がない。胃腸が弱く時々胃痛を発症、また顔だけが火照る。

その他の特徴

顔が青白い、ただ火照りを感じると直ぐに赤くなる

弁証

夏に陽が十分盛んになっていないため、脾・腎ともに陽が不足しており、冷えを発症。更に、脾が気・血を十分に作れないため、冷えの原因となっている。顔色が青白いのは気・血の不足。しかし余分な「火」があり、炎上すると顔が赤くなり火照りを感じる。

紹介した漢方

北京同仁堂「桂附地黄丸」「金匱腎気丸」「香砂六君丸」「附子理中丸」など

結果

11月の明らかに冷えを感じたときから服用開始。2週間で胃痛や下痢はなくなり、冷えはあるものの例年よりは軽い。1月下旬気温が極端に下がったとき霜焼けができたものの、直ぐに回復。3月下旬春と共に体の陽が芽生え始めたので、自身で夏に向けて陽を盛んにできると判断して服用は終了。冷えは感じたものの、凍傷のようなひどい症状はないまま一冬を過ごした。

【全身&感情&皮膚編】主婦 40歳

相談

『傷寒論』

一言目に「眠るってどういうことですか?」と相談を受ける。1年半前に出産、子供の夜泣きがひどく睡眠不足と疲労が蓄積。睡眠の不安定な時間が長く続き、「眠る」という行為が分からなくなっている。同時に比較的安定していたアトピー性皮膚炎が急激に悪化、病院で処方されたステロイドで何とか過ごしている。時にひどい偏頭痛がある。

その他の特徴

皮膚炎は乾燥タイプで、既に全身の皮膚が黒ずんでいる。

弁証

全身に及ぶ皮膚の症状は、体表の「風」と内にこもる「火」によるもの。また、皮膚の「燥」は、五臓の「肺」が潤いを失くしている。 生活リズムが長く不安定だったため、「神」が不安定になり不眠を発症。ストレス(感情)も大きな要因となっており、肝火が偏頭痛や不眠を引き起こしている。

紹介した漢方

北京同仁堂「防風通聖丸」「連翹敗毒丸」「麦味地黄丸」「竜胆瀉肝丸」「安神補心丸」など

その他

時間をかけて母親の話を聞き、また徐々に本人と話をするよう心がける。

結果

1週間ほどで睡眠が安定。睡眠が安定したことにより、諸症状が徐々に改善。1ヶ月後、皮膚の痒みは全くなくなり、全身の黒ずんだ皮膚があきらかに良くなる。約半年で全ての症状が改善或いは安定。

【更年期編】女性 47歳

相談

ベーチェット病(中医では「狐惑病」)と更年期障害に悩まされている。ベーチェット病の主な症状は口内炎と陰部の掻痒で、12年間病院で処方された薬を服用している。自身が更年期障害と訴える症状は、高血圧、偏頭痛、手足の浮腫み、情緒不安定、ストレスを感じてイライラしている、時にヒステリーを発症、重度の便秘があるが便秘薬を服用すると下痢、胃の膨張刊と消化不良、口臭、動悸、ため息、忘れっぽい(健忘)、のどが渇く。また、1年で体重が6kg増加。

その他の特徴

夫婦間で喧嘩が絶えない。

弁証

肝気の滞りがあり、気を流そうとするため「ため息」がでる。肝気の滞りと胃が不和となり、「消化不良・膨満感」が発症。肝火に胃が侵されると、濁気が上逆して「口臭・口内炎」が起こり、胃火がこもると過食が起こる。更に、脾に影響が及ぶと運化の働きが落ち、「便秘と下痢を繰り返す」や水分代謝がうまくいかず「浮腫み」が起こる。肝気の実火が、心の「神」を煽るため「イライラ・ヒステリー」など情緒が不安定となる。更に心が火によって傷つくと、「動悸・健忘」が起こる。火は血を圧迫するので、血圧が高くなる。火が胆経に沿って炎上すると、「偏頭痛」となる。

紹介した漢方

北京同仁堂「牛黄降圧丸」「八珍益母丸」「知柏地黄丸」「安神補心丸」「舒肝和胃丸」などと生薬「番瀉葉」

その他

月に一度電話で体調を確認しながら、家族間の不協和にも耳を傾ける。

結果

服用1ヶ月で気持ちはかなり安定しイライラは減ったものの、やはり感情的にヒステリックになることがある。胃の症状と下痢はなくなるが、便秘気味。動悸や忘れっぽさは改善。半年後、全ての症状に改善が診られるが、便秘気味で血圧が不安定。ただし、本人の気持ちが比較的安定しているため、家庭内のいざこざが減少。ここ1年血圧が少々高めであるが、ご自身曰くかなり健康。体重も3kg自然に減少。また、ベーチェットの症状も比較的安定しており、時折口内炎が出来る程度。

【高齢者編】男性 78歳

相談

『傷寒論』

比較的健康で、大きな病気はない。手ごろな金額で入手できる漢方で健康を保ちたい。ただ、ここ2年ほど疲れやすいことと、昼間ひどく眠くなることが気になる。

その他の特徴

中肉中背で健康的な印象

弁証

年齢を考えると、先天の気を納める「腎」の補填は必要。疲れをひどく感じたときには、補助的に気・血の補填。

紹介した漢方

北京同仁堂「杞菊地黄丸」「六味地黄丸」「十全大補丸」など、少量をサプリメント的に服用。

結果

服用を始めて2年、元気になった。天気が良い時は散歩に出て、以前より長時間歩いても疲れない。また、カゼなど引くこともなく、非常に健康な日々を過ごせている。

ご相談はこちらから