• トップページトップページ
  • お問い合わせお問い合わせ
医療の選択肢を広げる

医療の選択肢を広げる

【実録】漢方の使い方いろいろ

海外で生活をすると日本の医療や保険制度は素晴らしいと実感します。中国と比べても国民のほとんどの人が衛生的な環境で十分な医療を受けることができます。
しかし、唯一日本に足りないと感じるもの… それは病院治療の選択肢が少ないことです。中国では西洋医学の病院には中医科が存在し、中医の病院では最先端の西洋医学を取り入れ、相互的な診療をしています。また、医師も西洋医・中医の垣根を越えて、患者さんに最適な治療方針を選びます。

健康な日々を過ごすためのお手伝い

【実録】漢方の使い方いろいろ・高齢者編
健康な日々を過ごすためのお手伝い

中医学は3,000年前から「養生」、つまり“病気にならないこと”を重要視しています。自分の体質や生活習慣に合わせて漢方を上手に使い、バランスを整えて充実した体作りができれば病気知らずの健やかな日々を送れます。

漢方は「治す」ではなく
「助ける」のイメージ

【実録】漢方の使い方いろいろ・感情編

皆さん病院で「治す」という感覚をお持ちだと思います。確かに悪いところを取ったり・交換したり、悪いものを退治したりという現代医学は素晴らしく、正に「治す」というイメージです。
中医学は体のバランスを整え動物が本来持つ「自然治癒力」を高め、自身で病を克服することを「助ける」イメージです。例えば、西洋薬で直接殺すことが困難なインフルエンザ(ウイルス感染)では、自然治癒力(免疫力)を高めてウイルスを撃退するのに漢方はとても有効です。

漢方は病名では処方しません

【実録】漢方の使い方いろいろ
漢方は病名では処方しません

「漢方はどんな病気に使うの?」と聞かれますが、漢方は病名で処方をしません。4つの方法、望(見る)・聞(聞く、嗅ぐ)・問(問う)・切(触る)で情報を集めて、独自の理論で体調のアンバランスを分析して漢方を使います。ですから何らかの症状を発症している人はもちろん、健康を維持されたい方、治療後の体力回復など広い範囲で使えます。

【使い方のいろいろ】

全身の症状 発熱、節々の痛み、全身の気だるさ、全身の疲労感、浮腫み、冷え、異常な発汗、寝汗、めまい、消渇(糖尿病にあたる)など
胃腸の症状 胃痛、胃もたれ、胃酸過多、嘔吐、吐き気、便秘、下痢、食欲不振、消化不良、腹部の膨満感、口臭、ため息など
呼吸器の症状 感冒、咳、痰、鼻水、鼻づまり、鼻炎、喘息、長く続く咳、脇腹の痛みなど
循環器の症状 不整脈、動悸、息切れ、胸の痛みなど
頭部の症状 耳鳴り、難聴、頭痛、偏頭痛
尿のトラブル 頻尿、トイレが遠い、排尿困難、残尿感、遺尿、夜尿など
子供の問題 言葉や身長など発育不順、偏食、食事の量が少ない、カゼをひき易い
女性特有の症状 生理不順、生理痛、量が少ない・多い、期間が長い・短い、下腹部に冷えを感じる、不妊など
男性特有の症状 陽萎(インポテンツ)、遺精、不妊など
皮膚の症状 皮膚の痒み、湿疹、アレルギーで起こる諸症状など

漢方を取り入れたい・体調が気になる・日々健康でありたい・病に負けない体づくりをしたい方はこちらから